山形県上山市(かみのやま)の指定障がい福祉サービス事業所。就労支援、生活介護、相談支援、グループホーム運営

 » 
職員研修(感染症対策・成年後見制度)を行いました

職員研修(感染症対策・成年後見制度)を行いました

2021年03月29日(月) | コメント(0)

 今年は新型コロナウイルス感染症の影響により、例年以上に感染症対策や予防が重要視された年となりました。

 そこで11月27日(金)ケミカル産業株式会社 宮武隼也氏を講師としてお迎えし「感染症対策 手洗い講習会」を行いました。

 感染症対策(手洗い・洗浄・消毒・マスクの着脱と廃棄方法)と交差汚染のポイントについて、また手洗い検証(手洗い前後の菌の数の変化)や除菌洗浄検証(取っ手などの菌の数の検証)なども実際に行なっていただき、とても分かりやすい研修でした。

 これまでも手洗いや消毒など予防に努めていましたが、お話を伺い見直しが必要な点や感染症の予防に有効な対策として適切な手洗い、掃除を行うことの重要性など多くのことを学ぶことができました。

 

 高齢者や障がいを持っている方など今後、成年後見制度や日常生活自立支援事業のサービスを利用する方はより一層増えてくることが予想されるため、制度について理解を深めることを目的に研修を行いました。

 12月4日(金)柴田社会福祉士事務所 代表 柴田邦昭氏を講師にお迎えし「高齢者・障がい者の権利擁護(守る)仕組みとしての日常生活自立支援事業と後見制度」についてご講演いただきました。

 研修では、支援対象者への意思決定支援の基本的な視点から始まり、障がい者や高齢者を守る仕組みとして社会福祉協議会が担っている日常生活自立支援事業や成年後見制度の類型、基本的な流れについてお話を伺いました。

 また事例について具体的な支援の流れや関係者間のネットワークの大切さなど多岐に渡り学ぶことができました。今回お話を伺い、成年後見制度などについての知識や理解を深めることができました。

 

          

カテゴリー:スタッフブログ

コメントはありません

コメントまたはトラックバックをお寄せください。

トラックバックURL :

この記事に対するコメントは受け付けておりません。

お問合せ